Fear,and Loathing in Las Vegas (ラスベガス) のイケメンボーカル So (竹田蒼) の服装や髪型をチェック! 年齢や身長、出身大学、彼女についても調べてみた!

皆さんは

Fear,and Loathing in Las Vegas

というバンドを知っていますか?

今回は、特徴的なツインボーカルと

勢いのあるサウンドで

人気を集めている

Fear,and Loathing in Las Vegas と

ボーカルを務める So さんの

詳しいプロフィールを

紹介していきます。

COUNTDOWN JAPAN 1718 出演アーティスト記事一覧

スポンサーリンク


エフェクト加工した声が特徴、Fear,and Loathing in Las Vegas とは?バンドとメンバーを紹介!

Fear,and Loathing in Las Vegas

(フィアー・アンド・ロージング・

イン・ラスベガス) は

2008年に結成された

6人組のポスト・ハードコアバンドです。

Twitter

出典:Twitter

Fear,and Loathing in Las Vegas

という長くてインパクトのある

バンド名の由来は

テリー・ギリアム監督の映画

『ラスべカスをやっつけろ』の原題

Fear and Loathing in Las Vegas

に由来するそうです。

長いバンド名なので

ファンの間では

”ラスベカス” や ”ベガス” という略称で

呼ばれています。

ここでも、略称の ”ラスベカス” で

バンド名を表記させて頂きます。

スポンサーリンク


ラスベガスをよく知らない方のために、

メンバーを簡単にご紹介していきます!

So

ZrMr6rGVryoiW2iyV9YxiKbqUcv6DJYrupE4WmrO0gMwxOOi58sGAo9bJPZ0ioJj

出典:ナタリー

担当:ボーカル

兵庫県加古川市出身。

2009年に加入。

高く機械音のようなボーカルが特徴。

Minami

gImnpzHsh0yhsLIvW6DpsOes9ABdZEomGdsVa7DTChH4ptGoe4Y7JFllH3vOlw9H

出典:ナタリー

担当:キーボード/ボーカル

兵庫県芦屋市出身。

ラスベガスの

シャウト・デスボイスを担当。

スポンサーリンク


Sxun

news_xlarge_TKFN2024

出典:ナタリー

担当:ギター

兵庫県加古川市出身。

ライブではMCを務める。

ラスベガスの作曲を担当。

Taiki

taiki ナタリー

出典:ナタリー

担当:ギター/ボーカル

PVごとにガラリと変わる衣装に

注目が集まっている。

Kei

wZVBnYUIYqr0fsaruzcYuTgORwT13C2ASe4VeVwgucQakSgvO6Cdb0B60QOldV7J

出典:ナタリー

担当:ベース

2013年に加入。

ラスベガスの元メンバーである

Mashu さんの

ベースの講師を勤めていました。

スポンサーリンク


Tomonori

s020aGExZAHlrsmyQtRIalVaybykOoljEEN1WgB6a14twfeTcs6egyQmv3PJAJH0

出典:ナタリー

担当:ドラム

ラスベガスのメンバーの中では最古参。

ベースの Kei さんとは

学生時代からの友人なんだそう。

メンバーの入れ替わりがありながらも

現在の6人体制で活動を行なっている

ラスベカス。

ラスベガスの魅力を知ってもらうには、

曲を聴いてもらうのが一番早い!

と思うので

ラスベガスの新曲をご紹介します!

※点滅がすごいので、

部屋を明るくしてみてください!

ラスベガスの曲の特徴は何と言っても

So さんの高くて機械音のような声と

Minami さんのデスボイスです。

スポンサーリンク


「加工しているの?」

と思うのですが、

Minami さんの声は

加工していない地声です。

So さんの声は加工されていて、

オートチューンというソフトが

使われています。

そうでなければ、

機械音のような高い声は

出せませんよね(笑)

この2人の声が組み合わさって

ラスベガスの特徴的なボーカルが

作られています。

サウンドは疾走感があるのに

重くて迫力たっぷりです。

MV を聴いていても

ラスベガスの凄さが

わかってもらえると思うのですが、

魅力を思う存分感じるためには

ライブが一番だと思います。

ライブのパフォーマンスも激しく、

客席の前方はモッシュなどで

大変なことになっているので

ラスベガスのライブに慣れていない方は

まずは後ろの方で

見ることをおすすめします。

スポンサーリンク


Fear,and Loathing in Las Vegas 、So のタンクトップや靴など、服装や髪型をチェック!

オートチューンを使用した

ハイトーンボイスと機械音で

ファンを魅了している

ラスベガスのボーカル So さん。

news_xlarge_TKFN1842

出典:ナタリー

So さんは

おしゃれなファッションや髪型でも

ファンを楽しませてくれています。

So さんのトレードマークは

何と言ってもこの金髪。

16465269_760852330755465_4681986326596157440_n

出典:インスタグラム

金髪って一歩間違えると

少し汚い感じになってしまうのですが

So さんの金髪は

サラサラで綺麗ですね。

スポンサーリンク


そして So さんの

もうひとつのトレードマークが

タンクトップ!

RealSound

出典:RealSound

カラフルなタンクトップと

金髪が組み合わさって

まさしくバンドマン!

という感じの派手さです(笑)

しかし、しっかりと着こなして

おしゃれな感じに仕上げているのは

さすがです!

おしゃれな So さんは、

タンクトップだけでなく

靴にもこだわりがあるようで

MV では Reebok のポンプフューリーを

履いたりもしています。

So さんのような髪型やファッションは

ライブやフェスでも映えると思うので、

気になった方はぜひ、

インスタグラムや Twitter を

チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク


Fear,and Loathing in Las Vegas 、So の年齢や身長、出身大学、彼女は?

個性的なファッションと髪型でも

注目を集めている

ラスベガスのボーカル So さんの

詳しいプロフィールを

紹介していきます!

news_xlarge_lasvegas_01

出典:ナタリー

So さんの本名は

竹田蒼 (たけだ そう)。

1990年4月25日生まれで

2017年8月現在で27歳です。

15034827_196331670819823_1183002360331370496_n

出典:インスタグラム

So さんは

イケメンでかっこいいのですが、

よく見ると可愛らしい顔をしているので

実年齢よりも若く見えますね!

スポンサーリンク


So さんの身長については

公表されていなかったので、

ここでは写真から So さんの身長を

推測したいと思います!

18299710_104730353435694_1436737732415062016_n

出典:インスタグラム

両端に写っているのは、

氣志團の綾小路翔さん・早乙女光さん。

綾小路さんの身長が184cm、

早乙女さんの身長が173cmです。

綾小路さんと So さんの身長差は

結構ありますが

早乙女さんとは

あまりないように見えます。

このことから、So さんの身長は

170~175cmくらいではないか?

と思われますが、

綺麗に並んで写っていないので、

実際のところはわかりません。

スポンサーリンク


So さんの出身大学は

公表はされていなかったのですが

関西学院大学の理工学部情報学科を

出ていると言われています。

ちなみに、Minami さんも

関西学院大学出身です。

Minami さんは

自身の Facebook などで

関西学院大学出身ということを

公表しています。

2人は同じ年齢なので

同じ大学の同級生ということになります

So さんに彼女がいるのか?

ということについても

調べてみたのですが、

有力な情報は出てきませんでした。

2013年頃までは、

メンバー全員に彼女がいる!

なんて噂もあったようなのですが…。

ここ数年、ラスベガスの人気は

上昇してきているので

現在の So さんは

音楽活動に大忙しなはずです。

スポンサーリンク


Twitter

出典:Twitter

もしかすると

今はバンドでの活動が忙しすぎて

彼女はいないのかもしれません。

かっこよくて可愛い So さんが

いきなり結婚!なんてことになると

ファンの方はビックリすると思うので

彼女がいるなら、ちょくちょくと

情報を小出しにしてほしいな…

と個人的には思いました。(笑)

エモ・スクリーモ

メタル・ダンスチューンなど

様々なジャンルの音を

取り入れたサウンドで

騒ぎたくなる!踊りたくなる!という

純粋に音楽を楽しむという気持ちを

思い出させてくれる

ラスベガス。

2016年には

日本武道館での単独ライブを成功させ

今もっとも勢いに乗っている

バンドではないでしょうか。

ラスベガスの今後の活躍から

目が離せません。

COUNTDOWN JAPAN 1718 出演アーティスト記事一覧

スポンサーリンク
336×280